FC2ブログ

石元泰博写真展〜伝統と近代〜

来年が石元康博生誕100周年ということで、オペラシティアートギャラリーと東京都写真美術館での
同時開催でした。尊敬する数々の写真家の中でも随一のレベルだと思います。
カメラマンに限らずみんな得意不得意はあるものですが、この方は何を撮っても本当に素晴らしく、
かと言ってガチガチに冷徹な真面目さというより、隙のない構図の中でもちょっと抜いた感じもあったりして、
これがまた絶妙なのです。でも「花」は超絶隙がなく美し過ぎてくらっとします…
写真のファブリックは作品をハンカチにした商品で1,800円也。高っ!と思ったけど、ほんのちょっぴり
でもあやかろうと思い買いました。
しかしポスターやチラシに使用している写真が、よりによってなぜこのセルフポートレート?
作品が多過ぎて絞れなかった?図録も購入には至らず…
あくまでも個人の感想です。はい…

ついでの話ですが、東京都写真美術館では写真新世紀の今年の入賞作品も展示されてたんですが、
これに関しては本当にジェネレーションギャップというか何というか…
今年のグランプリと昨年のグランプリの人の個展の展示もありましたが、果たしてこれがグランプリ??
と私の中で謎だらけでございました。あくまでも個人の感想です…
皆さまのご活躍をお祈り申し上げます…

「生誕100周年 石元康博写真展 伝統と近代」
東京オペラシティギャラリー 12/20(日)まで
東京都写真美術館 11/23(月)まで
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)